子供のランドセル選び

ランドセルを選ぶ際は子供の希望を尊重してみた

愛娘が今年から小学校に入学するため、ランドセルを購入する事になりました。

自分の小学生時代を振り返ってみると男の子は、女の子はでスタンダードなデザインのものばかりでしたが、現在ではカラーもデザインも多岐にわたりこんなにも沢山の種類がある事に驚きました。

個人的にはあまりにも華美なデザインは避けて昔ながらの無難なデザインのものが良いと思っていましたが、娘はハートマークが入ったピンク色の少し派手なデザインのランドセルを気に入って、これが良いと言いもう自分の物になったような気分になりその場から離れなくなってしまいました。

妻もこれがかわいくて良いじゃないと言いはじめ、多数決で半ば押し切られるような格好で、そのハートマークが入ったピンクのランドセルを購入しました。

家に帰ると娘は早速ランドセルを開けて、ここに教科書を入れてこのポケットにはノートを入れて、横の細長いポケットには縦笛を入れて等と想像しながら小学校での新生活を想像しながら楽しんでいるようでした。

しばらくすると娘はランドセルを背負い、部屋の中を歩き出しました。

この姿は入学式の時期まで楽しみに取って置いて欲しかったと思いつつも、すぐにデジタルカメラを持って来て写真やムービーを撮影するという親バカぶりを発揮してしまいました。

最初は華美なデザインのランドセルに躊躇しましたが、本人が喜んでいるのが何より嬉しくなったのと同時にこれからやってくる彼女の人生の新たなスタートを楽しみにしています。

丈夫なランドセルを選びました

ランドセルを選んだ基準

息子が春から小学校に入学するのでランドセルを購入しないといけなくなったのですが、どういった基準で選ぼうかと迷った時に耐久性が高くて丈夫なものにしようと決めました。

しかしながら調べてみると最近のランドセルは丈夫なものがほとんどで、ランドセルを選ぶ基準としては、それだけで絞ることができませんでした。次に、あまり重たすぎると荷物を詰め込んだ時に大変だろうと思いましたし、デザインも一時的に気にいっても6年間使い続けるランドセルなので長く使えるようにとクラリーノ製の軽くて丈夫な素材を使用されたデザインのシンプルなものにしたのです。

多くの子供達は6年間同じランドセルを使っていると言っていましたから、壊れた時にメンテナンスができるかなども検討した上で、軽くて丈夫なものを少し高かったですけど無事に購入することができ、息子も喜んでいます。

実際に息子に背負ったもらったところ想像以上に軽かったらしく、走り回っても大丈夫そうなのでホッとしています。

その他のフィット感や通気性も心配していましたけど、そういった部分も問題なさそうでしたし、使い勝手も良いそうです。

長く使い続けるランドセルですから親としては買い換えることがないように使って欲しいですし、毎日背負い続けるものなので安心して使えるものであって欲しいと考えるのは普通だと思います。

メンテナンスを心配していたこともあって、保証がついている新品の商品を選びました。カラーについては息子と話し合って決めていましたから子供も満足しているようで良かったです。

デザインはそんなに重視していませんでしたけど、気にならないそうなので良かったですし、息子も楽しそうに毎日ランドセルを背負っています。