子供にランドセルを買い与える際に気を付けたこと

ランドセル購入の際にのチェックポイント!

2人目の子供が小学校に進学するのに際してランドセルを購入しましたが、基本的には子供の希望や意見を尊重したものの、いくつかのポイントに関しては大人としての意見も受け入れてもらいました。

まず、現代のランドセルはカラーリングが豊富であるというのは理解していましたが、売り場に行くと想像していたよりもカラーリングが多くて驚き、ステッチなどピンポイント的に配色を変更すれば尚一層色鮮やかになると知り、さらに驚きました。

当然子供は一目見て鮮やかさが感じられる色合いや、珍しい配色になっているランドセルに惹かれていたようですが、独自性が強すぎると悪目立ちしてしまい、思わぬトラブルになってしまう事を懸念し、親子で相談した結果、落ち着いたベージュを基本色としてステッチ部分に桜の花のように優しく自然なピンク色が施されているランドセルにしました。

小学校低学年の子供が使うランドセルにしては少し大人っぽい様子も感じますが、小学6年生まで使用する事を考慮すると年々しっくりと見えるようになる様子が想像できます。

また、形状に関してもカラーリングと同様に様々な種類が用意されており、中には大人が使用しても違和感が無く見えるようなタイプもありましたが、従来型の蓋が一枚の革で構成されており大きく開くタイプにしました。

最初は親としても横型のランドセルのシルエットが良いと感じていたものの、インターネットで調べた情報から横型の場合は縦方向の長さが短くなるので、教科書の大きさによっては収まりきらない恐れがあると書いてあり、従来型に決めました。ランドセル選びの参考になったサイトは下記です。

キッズアミのランドセルの口コミや特徴など

最終的にキッズアミのデニモというものを選んだのですが、値段ははるものの牛革で高級感もあり、満足した買い物でした。

6年間使い続けてくれることを願います!

子供のランドセル選び

ランドセルを選ぶ際は子供の希望を尊重してみた

愛娘が今年から小学校に入学するため、ランドセルを購入する事になりました。

自分の小学生時代を振り返ってみると男の子は、女の子はでスタンダードなデザインのものばかりでしたが、現在ではカラーもデザインも多岐にわたりこんなにも沢山の種類がある事に驚きました。

個人的にはあまりにも華美なデザインは避けて昔ながらの無難なデザインのものが良いと思っていましたが、娘はハートマークが入ったピンク色の少し派手なデザインのランドセルを気に入って、これが良いと言いもう自分の物になったような気分になりその場から離れなくなってしまいました。

妻もこれがかわいくて良いじゃないと言いはじめ、多数決で半ば押し切られるような格好で、そのハートマークが入ったピンクのランドセルを購入しました。

家に帰ると娘は早速ランドセルを開けて、ここに教科書を入れてこのポケットにはノートを入れて、横の細長いポケットには縦笛を入れて等と想像しながら小学校での新生活を想像しながら楽しんでいるようでした。

しばらくすると娘はランドセルを背負い、部屋の中を歩き出しました。

この姿は入学式の時期まで楽しみに取って置いて欲しかったと思いつつも、すぐにデジタルカメラを持って来て写真やムービーを撮影するという親バカぶりを発揮してしまいました。

最初は華美なデザインのランドセルに躊躇しましたが、本人が喜んでいるのが何より嬉しくなったのと同時にこれからやってくる彼女の人生の新たなスタートを楽しみにしています。

ランドセルを購入した体験談

私は、数年前に甥っ子のためにランドセルを購入してあげたことがあります。近所のデパートで夏休みの時期に行ったのですが、最初はいろいろなブランド、カラー、機能が付いている商品が多くあって、どれを選んだらいいのかよく分かりませんでした。ただうちの孫は同世代の子供と比べて、すごく小柄で体も細身だったので背負いやすいものがいいなあと感じていました。重たいランドセルを選んでしまうと、教科書や筆記道具などの重量も嵩み、学校に行くまでに大変な思いをすることになるからです。それで、とりあえず重量が軽いランドセルを店員さんに訊いて、子供に背負わせることにしました。

また、学校に行く際には交通事故に遭ったり、変な人に襲われるなどのリスクも起こりえます。したがって、ランドセルに子供の存在を車に知らせる事ができる反射板がついている事、防犯用の笛を取り付ける箇所があるかどうかもチェックしました。それで、1番背負いやすいと言ったブランドの中から、好きなカラーを選ばせて購入することにしました。

いざ学校に行く際に背負わせると、きちんと体にフィットして孫は快適に通学することができています。教科書などの荷物を入れてもあまり重いと感じる事がないようで、本当に安心しています。孫の友人の中には、ランドセルが重くて大変だと訴えている子供もいると聞きました。なので、背負いやすさを重点的に選んで、本当に正解だったなあと実感しています。

ランドセルを専門店で購入!品質の良さに大満足

工房系とデパートのランドセルの品質の違いにびっくり!

子供が小学生になる半年前に、ランドセルを購入しようとしてデパートに行きました。色とりどりのランドセルが並んでおり、私はとても気に入ったのですが、妻の反応がなぜか良くありませんでした。疑問に感じて尋ねてみると、品質が良くなさそうというのです。とても綺麗に見えたので、そのように感じませんでしたが、妻の意見を尊重して買わずに帰ったことを覚えています。

数日後に妻が京都に有名なランドセルの専門店があると言ってきました。さっそく次の休日に行ってみると、お客があふれかえっていて驚きました。決してデパートのように色鮮やかなラインナップではありません。しかし、どのランドセルにも高級感が漂っているのです。一目で品質が非常に優れていることが分かりました。すぐに買ってあげたいと考えましたが、デパートで売られていたものよりずっと値段が高いです。安いモデルでも2倍近くしていたと記憶しています。

そこで取った手段は妻の母親に連絡することです。つまり子供の祖母に電話をして、プレゼントしてあげてほしいと頼んだのです。

もともと買ってあげたいと言われていたので素直に頼ることにしました。妻の母親は快く承諾してくれたので、その場で購入の手続きをしました。ランドセルが手元に届いたのは数カ月後です。非常に人気があるうえに手作りなので、かなり待つことになりました。しかし届いたランドセルを見たら、待たされるだけの価値はあったと感じました。

丈夫なランドセルを選びました

ランドセルを選んだ基準

息子が春から小学校に入学するのでランドセルを購入しないといけなくなったのですが、どういった基準で選ぼうかと迷った時に耐久性が高くて丈夫なものにしようと決めました。

しかしながら調べてみると最近のランドセルは丈夫なものがほとんどで、ランドセルを選ぶ基準としては、それだけで絞ることができませんでした。次に、あまり重たすぎると荷物を詰め込んだ時に大変だろうと思いましたし、デザインも一時的に気にいっても6年間使い続けるランドセルなので長く使えるようにとクラリーノ製の軽くて丈夫な素材を使用されたデザインのシンプルなものにしたのです。

多くの子供達は6年間同じランドセルを使っていると言っていましたから、壊れた時にメンテナンスができるかなども検討した上で、軽くて丈夫なものを少し高かったですけど無事に購入することができ、息子も喜んでいます。

実際に息子に背負ったもらったところ想像以上に軽かったらしく、走り回っても大丈夫そうなのでホッとしています。

その他のフィット感や通気性も心配していましたけど、そういった部分も問題なさそうでしたし、使い勝手も良いそうです。

長く使い続けるランドセルですから親としては買い換えることがないように使って欲しいですし、毎日背負い続けるものなので安心して使えるものであって欲しいと考えるのは普通だと思います。

メンテナンスを心配していたこともあって、保証がついている新品の商品を選びました。カラーについては息子と話し合って決めていましたから子供も満足しているようで良かったです。

デザインはそんなに重視していませんでしたけど、気にならないそうなので良かったですし、息子も楽しそうに毎日ランドセルを背負っています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !